広島『起点』の思い出

って二週間以上も経ってから書く俺様です。東京ジュピターの中では時間の進み方が遅いんだ!(ラーゼフォン)

5月2日、GW進行真っ最中。その上特集作業の要素を一部渡してないままに行ってしまった広島…。でもほら、クヨクヨしててもしょうがないから、帰るまでは仕事のことは忘れることにしましたイエーイ!

行きの新幹線はエスムばあさんが隣だったので、のっけからババア女装らしいしょっぱい話に花が咲く。やあねえ。
着いてすぐに、イベント前夜のスタッフ&キャスト決起集会に。かなり遅れちゃったけど、パーティで目立つためには基本の戦法だよね(違う)。ひさびさの広島スタッフから、全国各地のキャストさんまでが集まってワイワイ。向いの博多マッチョコンビLIFTの二人が意外と年齢いってて親近感ヒヒ。

h1.jpg

広島イベント皆勤賞のYASUTAKA&酔っ払い女装達

その後、さらにみんなで広島のバーを廻ってご挨拶、つうか汚く飲んで騒ぐ。なんと大阪から、講演の時もお世話になったやすべえ&のぶっちゃん、シンスケら5名のイケメンご一行様がブルたん会いたさに、ブルたん会いたさだけに(思い込み)駆けつけてくれた。初紹介のサセコがすぐにやすべえに擦り寄って気持ち悪い。

当日の昼間は、女装4人で広島一まずいお好み焼きを食おう!と意気込んで、お好み焼き屋の集合ビルみたいなところに行く。人気なさそうなところを選んだけど、意外と普通でつまんなーい。

その後はひたすらサセコやエスムとショウの練習。何せエスムとのショウは新作なのに全く練習ナシで広島入りしましたから。でも30分くらいで「こんなかんじでいいかなー」と、練習終わり。年取るといい意味でいい加減になるのねー。(絶対悪い意味のような)

そしていよいよイベント本番! 去年までのイベントとはつながりもあるけど、一応完全新規のパーティなのでどうなのかなーと思っていたけど、結局300名を越える大盛況。すげーわー。
ブルボンヌ&サセコもピンクレディーから入ってハッスルしました。モンスターの振り程度でよろめく老女装。エスムは生首飛ばすし、ゲブたんは妊婦ショウだし、つくづくfromTOKYOって付けちゃいけない4人衆です。
フォンテラちゃん、アンジェリカねえさん(今回年下だって初めて知った)というキレイどころがいてくれて本当に良かった。
あと久々に、MC中に生バージョンで「ということは私達…あブス♪ ブス♪ ブスのトーテムポール!!」を4人でやったり。ゴリ押しでウケて幸せでした。

h3.jpg

春の行楽を楽しんでるミーちゃんとケイちゃん

h4.jpg

破水が始まったマドンナさん

翌日はスタッフ&キャストでの慰安広島観光。みんなで電車に乗って、『ガラスの里』に行く。シャロン・ストーンの二番煎じコケ映画がうっすら頭をかすめたけど、全然近未来マンションではなくて、ほのぼのテーマパークでした。まずはみんなで「広島風お好み焼き体験教室」に。お手本役のババアが露骨に下手くそだったので、「あ、はみ出た!」とかいちいち突っ込んでみたり。オカマ20人くらいでキャーキャー言いながら作れてすげー楽しかったです。

h5.jpg

(左から)平野レミ、藤野真紀子、大山ノブ代、小林カツ代

さらに七宝焼き体験にもみんなで挑戦! こういうクラフト系ってすごい燃えるの。サセコと二人で広島のショウを記念して、ピンクレディーミラー作り。おっさん二人がちまちまビーズでMIEとKEIと書いている姿を見て、おばさん指導員が困惑ぎみでした。

h6.jpg

「また会えましたねー! ミーでーす」「ケイでーす」

なんか地下のクラブでひと晩じゅう、黒ミサみたいなパーティ(そんな渋くもない)をやった翌日に、同じ顔ぶれで、昼間のほのぼの観光地に行くって、すごーくステキだなと思います。振れ幅のバランスがいい。松山も毎年このパターンで幸せを感じてます。

h7.jpg

ヨーロッパを観光中のナイスミディマダム達。

いやー、広島楽しかった。イベント自体も盛り上がったし、意外にも「いつもバディ読んでます」みたいに分かってて話しかけてくださるお客さんもチラホラいて、個人的なやる気にもつながりました。こんなにいい思いさせてもらえる仕事があるなんて、まさしく長年女装やってたご褒美ですな。

オーガナイザの貴光ちゃん、ホンットにありがとうございます。スタッフ&キャストの皆さんもいろいろとお世話になりました。おっ疲れ様ー!

あずみ2に観る敵役の美学(ネタバレあり)

ブルたん、コミック『あずみ』の大ファンなんです。まあ買わずにマンキツでマンキツしちゃってますが。先日、WOWOWで映画『あずみ2』がやってたんで観ました。1作目がたいしたことなかったので期待してなかったんですが、2作目はかなり良かった!

まず、敵がイイ!
敵の親玉に、平幹ネエさん!
『けものみち』といい本当に元気なネエさん。オカマの老後は華々しいわ…。
そして、最初は仲間のように見せかけて途中で裏切る女忍者に、栗山千明!
代表作『死国』『バトルロワイアル』『キルビル』の血なまぐさい女優ナンバーワン。
さらに、甲賀忍者の頭に、高島礼子姐さん!
あずみに対してブチ切れお江与な演技で
「なんぼのもんじゃぁ! 男も知らん、世間も知らん、生きとる意味もわからん女子があ!」と叫んでヘンな得物振り回して戦います。
しかも、平幹ネエの愛人も兼ねてて、ベッドシーンまで…。
実際には絶対高島さんがタチで平幹ネエさんがネコのはず。
ついでに、根岸季衣まで出演!(ちょい役の婆さん)

とオカマポイントはここまで。

『あずみ』の魅力って、美少女が最強の刺客、そして次々に現れる敵たち…みたいな王道的にヒキのいい設定ももちろんあるんですが、「平和な世のために、謀反を起こす種を枝打ち(抹殺)するのがあずみの使命」という、人一番ピュアな主人公の抱える矛盾と苦悩をきっちり描いている点だと思うんですね。

今回の映画はそこを大きくクローズアップしてくれていて、すごく好みの脚本でした。調べてみたら、脚本に川尻善昭が参加してる。『妖獣都市』『レンズマン』とかの大好きなアニメ系のクリエイターです。でもって1作目の監督が北村龍平だったのに、2は金子修介。全体的に、バイオレンス系から特撮系のスタッフに変わったおかげで、個性的な敵キャラ含め、よりコミック的なサービス精神にあふれた内容になってます。

ところで、栗山千明が、ほぼ負けると分かっていてあずみに切りかかるシーンで、「それが私の使命だから」と言うんですが、こういう敵サイドの覚悟を表すセリフってツボです。

まさしく『あずみ』のテーマなんですが、本質的に戦いとはそれぞれの真実のぶつかり合いなので、引いて見ると、善悪のモノサシは通用しない。だからこそ敵側の主義や覚悟をきちんと描こうとしている演出が入るとグッと深みが増すもんです。

横道それますが、ブルたんオタク期の心のアニメ『戦え!イクサー1』で、戸田恵子が熱演する敵役イクサー2も「私はお姉様を殺すために作られた。ただそれだけ」とクールに言って登場しました。前半の強気意地悪セリフ連発もオカマ好みなんですが、物語後半で結局負けが見えた時にもう一度、「私はお姉様を殺すために、ただそのためだけに作られたイクサー2だ!」と言って戦い続けるんですよ。コレぞ敵役の覚悟と美学。命賭けで立ち向かう心は、善悪など吹き飛ぶくらいに美しいのです。

『あずみ2』でも、栗山千明に続き、高島礼子も平幹ネエさんも、それぞれの想いを吐き出して死んでいってくれて満足でした。敵役にも平等に愛のある脚本ってええわー。

自由な一週間

先週の月曜日に、ノブと別れてフリーになった俺。
実は、日記ではあまり使わないように心がけてきたのですが、3年4ヶ月の間に変化した決定的な事柄の一つに、プライベートでの一人称が「俺」になったということがありました。ガーン。
ネタじゃないのよホントなの。一人称FTM。
もちろん、使い分けとしてのアタシとか、おらぁ(泥まんじゅう食う風)とかオイラ(ガッチビ風)とかも引き続き使用中ですがね(一部ウソ)。


まあ、とにかく。
月曜日は、久々のフリーライフが始まった日。
僕らがまた新しい幸せを探し出す一番最初の日。

火曜日は、バディ大好評連載中の『エスムラルダの部屋』対談収録で、エスムラルダ、そして『アタックナンバーハーフ』配給会社のオカマ女・ゆみと三人で会い、仕事後にそのままレズ友がやってるバーで
「アタシたち三人ともフリーだね。イエーイ!」と飲む。
なんか巻き込まれるかんじで幸先悪いわー(ひどい)。
とか言いつつ、エスムの薄らこっ恥ずかしい近況報告を聞いたりもしましたがウフフ。

水曜日は、来月号のバディで紹介する映画『嫌われ松子の一生』の試写に。
詳しくは記事を見てちょうだいなかんじだけど、もうね、本当に素晴らしかった。最高にセンスの良いエンタテイメントで、かつ最高に愛にあふれた作品でした。
公開したらまた絶対観に行きます。
ぶっちゃけ、俺様はブロークバックよりさらに大量に泣いたし、感情移入しました。
そして松子はマツコでした。
オカマ必見太鼓判!

木曜日は、オカマとして押さえておこうと『プロデューサーズ』を観る。今一番ホットというか暑苦しい俳優、ウィル・フェレルのドイツネタは全然ピンとこなかったけど、やっぱりオネエネタ周辺はホッとしますね。楽しい映画でした。

金曜日は、編集部反省会(毎月いろいろ反省してんのよ)を終え、取材絡みでエースのピンハにちょっとお邪魔して、その後じっく&リオと、オカマとOLに人気の焼き鳥屋『はなまる』で飲みました。「ブルたんが次に付き合うべきオトコ」について、二人からいろいろな呪い、じゃなかったアドバイスをもらったり。

土曜日は、セックス。キター。相手は年下の強面ヒゲボウズの巨根くん。ガーン。リバ同士なので掘ったり掘られたり(毎度迷惑情報)。かけたことはさんざんあっても、まともにかけられたことは一度もなかったのに、初めて胸元あたりからオシッコを浴びちゃいました。そしたら匂いにやられて「う…(最初は一応あえぎ声風)うう……オオエッ!! うボォエーッ!!」と思い切り目の前でオエップ連発。失礼なことしちゃったテヘッ。ゲロ吐きプレイにならなくて良かったです。

日曜日は、優雅に御苑沿いのカフェで。特大ジョッキ野菜ジュース1050円を優雅にがぶがぶ飲んだ後、取材でアドボの『ANSWER』にお邪魔。いろんなおもしろい人がいて、取材しつつ興味津々でパフォーマンスを拝見しました。


(まだ見ぬ)恋人よこれが私の一週間の仕事です。
テュラテュラテュラテュラテュラテュララー
どんなフリーアピールよ…。

gyoen.jpg

御苑の桜のじゅうたんの上で。テュラテュララー(しつこい)
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ