久しく見なかった友達がタックスにふらりとやって来ました。
その彼を含め、遅くまで残っていた数人で、スピリチュアルな濃い話(江原啓之がイケるかどうかから、種付け願望の強いホモはより人とつながりたい孤独さゆえかまで)をした後、彼と二人で通りを歩きながら話をしました。

実はそれとなく噂で聞いてはいたんですが、いろいろと友人関係でトラブルがあったみたいで、その成り行きなどを彼は話したかったみたいです。
ただ自分は、もともとそれほど付き合いのない集団の細かい感情のイザコザにはまるで興味がないので、具体的に彼が何をしてしまったのかだけを聞いたら、後はもう責任ある部分だけ対処して、もうその先行くしかないじゃん、と思って聞いてました。
人が対立している時には、両者の言い分は確実に違うわけだし、片方に話を聞いている場合は、その側になるべく有利に話を展開をしてしまうのは当たり前。そういうSOSは、基本的に「つらいよー」という姿勢さえ伝われば、後の尾ひれは無駄だと思うのです。

でも彼にとってはかなり面倒な状況らしく、その人間関係の詳細な話をいっしょうけんめいに伝え続けて、ちょっと繰り返しになってきたので、ついに自分は「話しすぎ。だまってなよ」とキレてしまいました。ちょっと自分でもビックリ。普通なら無表情で「そっかそっか」と聞いたフリだけして終わりそうなタイプだから。
逆に言うと、彼のことは直感で悪い子じゃないと思うから、内心面倒くさいと思ったままで聞き流したくないや、と思えたということです。

その後、ちゃんとその子のことを気に入っていることも含めて、かなり正直に思っていることを伝えました。せっかく才能もあって、いいこと考えてる子が、しょぼいイザコザの負の渦に囚われているのは見ていて全然イイ気持ちしないんだよと。
嫌な部分を嫌だと言って、ようやくその子とちゃんと話をできた気がします。良かった。
ずいぶん昔に、マーガレットに「あんたって人の顔色ばっかりうかがってんのね(ケッ)」と言われたことがあるんですが、こういう忘れられないキツイ言葉って結局はありがたいなとつくづく思います。言霊のバトンをより良い向きでリレーしていけたらいいなと。


その子にがんばれーと手を振って、ノブ(1年2ヶ月付き合ってるオトコ)の家にタクシーで帰り、半分眠っている横で、今日はいろんな話をしたよーと伝えました。
その友達にはっきりと言いすぎたかな?と言ったら「それでいい」と、エイズの話題については「ゲイの優しさが試されているんだよ」と寝ぼけながら答えていたので、こいつはやっぱりなんかスゴイと感動しました。
ノブは日本語の助詞がまともに使えないので、いつも携帯メールの文法がすごいことになってるのですが、ときどきキラリと光る言葉を発するのです。二人をよく知ってるjickに言わせれば、それは、ノブのつたない言葉をブルが童神のように崇めて意味づけしているだけじゃ、とのことなんですけど、まあその通りなんでしょう。でも得てして神様なんてそんなもんよね、とも思ってます。


一緒にちょっと寝てから、ノブを会社に見送りました。毎日上司に怒られているらしいです。しょげるかと聞いたら「女子社員と悪口言ってるから大丈夫」と、かわいいノブちゃんが悪口言ったらダメじゃん(←キモくてごめんなさい)といえば「少しは汚れているほうがいい」と言っていました。やっぱりスゴイ!(というか、ただのオカマかも…)

うちに戻ると、ドリカムの「やさしいキスをして」のPVが流れてました。ストーリー仕立てで、とてもかわいらしく愛にあふれた内容で、素晴らしかったです。憎しみや痛みを予感させる負のシーンが、本当は暖かいもので、世界をそうさせることができたのは歌の力でした…なんて童話みたいなテーマなんですが、PVみたいな短いものではこれくらい直球のパワーが引き立ちます。カイリーがひたすら変態プール乱交をしているようなPVも大好きですが、こういうのもイイネ!

ちょうど自分がPVを見てウルウルしている間、同居人のまことがずっと、猫のとまとと話をしていました。多分、とまとは日本語の細かい意味は分かっていないけれど、そこに込められた愛情とかは毎日ちゃんと猫魂に取り入れてるんでしょうね。

心ある言葉は強いのです。