psbu1vvd.JPGBuzyつうアイドルグループのデビュー曲。自分はBSのかなりマイナーなアニメ主題歌というルートでこの曲を知ったのですが、CDTVのオープニング曲とかにも使われてたらしいです。

自分、若い声が必死にたたみかけるように歌う歌が昔から大好きで、これを熱中時代系と呼んでるのです。
SPEEDの「BODY&SOUL」もFOLDERの「パラシューター」もこの熱中時代系として、愛でてきたのでした。この「鯨」もそんなかんじ。全部、デビュー曲というのも重要です。

キャッチーな曲だけどサビはちょっとサザンの「愛の言霊」のパクリっぽいです。ぷぷ。でも歌詞がいきなり
「生まれ落ちた罪 生き残る罰」
なんて言ってくれて好みです。しかもこの部分が二番になると
「大人になる罪 老けていく罰」
と変化してウケました。老けていく罰て。そうか、このシワは大人になって好き勝手に生きてセックスとかもバンバンできるようになったことへの罰だったんだ…と妙に納得です。

ところでアイドルのデビュー曲で「鯨」てタイトルなのもスゴイです。歌詞を聴いてみると、「鯨が絶望して捨てていったこの場所で私は生きている。やりきれなくなるわ」と。
陸に住んでた鯨が三千年くらい前に海に移り住んだことがネタになってたのですね。そうか、地上は鯨に見捨てられた場所だったんだ…このへんのセンスも好みかも。

というわけで毎日聴いてるのですが、作家陣を調べたらなんとポルノグラフィティ絡みでした。ガーン。個人的にはポルノて「けっ」と思ってたんだけどなぁ。ちょっと複雑な気分…。