2月9日(水)午後7時からに二丁目のaktaで開催される『クィア・ジャパン・リターンズ』主催のトークイベントに出演します。

タイトルは
「斎藤靖紀・あるオカマの(場末な)半生」
です。

ちなみに翌週は「生島嗣・エイズに立ち向かう男」です。

勝った!! ←何に…
同じイベントでここまで週によって品格が違うというのもスゴイと思います。

女装じゃないブルたんの生トークがメインオカズになるイベントなんて、とってもレアですよ。それになんか半生語りがテーマということなので、自分で腐りかけたマンコを切り開いたネタとか(それはカルーセル先生)、洗面所で落とした義眼に見つめられるネタとか(それはピーコ先生)、パン工場のバイトを一日で挫折したネタとか(それは伏見先生)、隣の家から水を盗んだ小学生時代のネタとか(それがアタシ)、いろいろしょっぱい過去を語ることになりそうです。

ほかにも「ママ、ブルを孕んだままイレブンガールでシャバダバ」から始まって「パパにフェラチオされる」「パパがシャブで捕まる」「ママを囲っていた男の実母から、あんたの母親は恐ろしい女だよ!と電話でイビられる」など、ゲイデビュー前のヤッベまじヤッベえエピソードを惜しみなく披露する予定なので、皆さんぜひ足をお運びください。

ブルたんの自尊心を満たすためにも会場をギュウギュウ詰めにして、もう入場できませんと言われているのに血走った目で「イヤよ!! サイトウさーん!! オノダさーん!!」と叫んでムリクリ押し入り、勢い余って窓から落っこちてください。

なんと入場無料!!←殺し文句

主催/クィア・ジャパン・リターンズ(ポット出版)
http://www.pot.co.jp/moqjr/
会場/akta
http://www.rainbowring.org/akta/