明け方仕事が終わって、寝ているノブの部屋に押し入りました。今さら夜這いなわけもなく、(仕事関係ではなくて)ちょっとイヤな気持ちになったことがあったので、ノブを虐待して解消しようと思いまして。ヒドイ

んで布団に入って「こんなことがあったんだけどさ、俺はそういう考え方がすげー嫌いなんだよ。もうムカつくー。プンプンビーム!」とか、底冷えするグチをブチブチ言ってたんです。真夜中に本当にウザいオカマ。

P1000028_1.jpgそしたら半分寝ぼけながら、ノブが「良かったねぇ。うれしいこととイヤなことと、いろんなことがあって楽しいねぇ。」と言いまして。なんかどうでもよくなりました。

普段は助詞の使い方を間違える、ぎりぎりクラスの名前に花がつかなかったような子なんですが、時々なんかすごいなぁと思うことを言います。
やだーノロケ?