昨年に続いて、松山のゲイナイト「HIDE'N'SEEK」に出演させていただきました。女装はゲブ美・エスム・ブルボンヌ・サセコ…と本当に偏っていて、唯一マルガリータがかろうじてキレイメイク+ダンス系で救いの神のようでした。マルガいなかったら、「ゲイナイトのドラァグ」「from東京」、どっちの面でも松山の子達が間違ったゲイカルチャーを覚えてしまいそうで、かわいそうです。

かわいいゴーゴーちゃん達も、スタッフの皆さまもほんとステキな方達ばかりでした。お客さんもやたらウケてくれるし。松山って敬老の精神が根付いてる街ですね…。うれしかったので朝6時まで、いい年こいてお立ち台で踊り狂っちゃいましたよ。エアロビスタジオとかで妙に元気に踊るスジスジのバアさんみたいな人がいるなー、と思ってよく見たら、鏡に映ったアタシでした。ギャッ


翌日昼間は、スタッフに連れられ、ゴーゴーと女装の乱交小旅行。鹿が住む小島『鹿島』(…とも子は広告塔)に舟で渡って、お散歩。波打ち際でいやらしいビデオをいっぱい撮りました。砂浜に「SA・SE・KO」って書いたのに波がさらっちゃうシーンや、「つかまえられたらアタシをあげる!アハハ」なんて叫びながらサセコに追われるブルたんとか…。って全然ゴーゴーと絡めてない。女装レズ映像ばっかりでした。
でも、昨年の、JUNICHIがビキニ一枚で泳ぎだしちゃいました映像(JAPANのビデオかと思った)まではいきませんでしたが、ゴーゴーAKIちゃんを「脱いで~上脱いで~(競パンカフェのかけ声担当再び)」と追い込み、とりあえずトップレスでの撮影に持ち込めたので満足。その状態で、エスムばあさんと並んで撮ってもらったら、なんだかすごく金銭の匂いがする写真になりました。
夜は、ゲイの人たちがやってる地元の居酒屋さん(うまかった!)とオーガナイザ・京ちゃんのバー「SEEK」に行って打ち上げお疲れ飲み会。プハー。いろんな人と知り合えて楽しかったです。松山スタッフ&お客さんの皆様、広島スタッフ組の皆様、キャストの皆様本当にお疲れ様でしたー。


それにしても、先週の札幌に続いて、飛行機から何から常に、ブルはエスムとゲブ美と行動してたんですが、これは明らかに、吉行和子(ブル 無責任)、岸田今日子(エスム 怖い)、冨士眞奈美(ゲブ 肉感的)の熟女旅行と全く同じ構図だと思います。