結婚式の二次会でエスムと一緒に女装してきました。
つうか、一個前の日記も女装報告じゃん。これじゃ女装したことを嬉々として語りたいだけの人生みたいじゃん。まあ、そんなもんかも。

クリスマスイブイブ(間違った表現)に、人様のそれもノンケ様の恋なんて祝うわけねーじゃん、と普段なら思う正直者のブルたんですが、今回は『アタックナンバーハーフ』などでお世話になった映画会社クロックワークスの女社員の結婚、しかもお相手は映画『CUBE』の監督ビンチェンゾ・ナタリということで、営業魂+ミーハー魂の両方がくすぐられお引き受けしました。

予想通り、会場は映画監督やら俳優やらの業界人いっぱい。ナウシカや由紀さおりを、浅野忠信たんに見てもらっちゃった。絶対あとでブルボンヌの濡れ場演技をオカズにするんだろうな…。でも浅野くん、髪はもっと短いほうがいいよね。腰まであったわ。
そして、あと数日したら、北村龍平監督からブルボンヌ宛に『あずみ3』主演のオファーが(上戸彩からブルボンヌへ剣を手渡すという話題作りも)、三池崇監督からエスムラルダに『着信アリ3』怨霊役のオファーがあると思うんだ。あたし、自信あるんだー。

ショウ終わった後、場違いな女装が会場でそのまま酒飲んでたんですが、なんと新婦が新郎のビンちゃんを見つめながら、バングルスのエターナル・フレームを歌いだすという演出が始まりました。長瀬クンも歌ってたくらいだから、そりゃ有望外人モノにした女も歌いたくなるんだろうけど。
DO YOU UNDERSTAND? とかのDO YOUで始まる歌詞に、いちいちビンちゃんが「YES!」「ハイ!」と合いの手を入れていて、ああ、結婚式っていいわねーと思いましたよ。

先日結婚したエルトンおばさんも、うちうちのパーティじゃウェディング・ドレス着てはじけてたらしいから、早く日本のオカマ達も結婚できるようになって、ああいうこっ恥ずかしいことをどんどんやってほしいもんです。