日曜は、『Rainbow Talk 2006 同性パートナーの法的保障を考える全国リレーシンポジウム 東京シンポジウム(第2回)同性パートナーとライフスタイル~医療・福祉・教育の現場から~』に行ってきました。正式タイトル、土ワイ並に長いわー。

実は、バディ最新号から始まった連載『尾辻かな子の虹色通信』は、ブルたんが担当させていただいてるのですが、それは個人的にもおっつんこと尾辻かな子さんの大ファンだからなんです(好き嫌いが仕事にむき出しなオカマ)。
立派なレズビアン&ゲイ・アクティビストは数多いけれど、こんなにも「モノを伝えるパワー」にあふれた人の出現は、衝撃的でした。伝えようとしている魂ももちろん素晴らしいんだけれど、その伝え方の美しさと的確さに、講演聞くたびにワクワクしてます。

やっぱ政治家って大事。その昔は、東郷健さんみたいな、爆弾持って突入~みたいな人でないとムリだったんだろうけど、今の時代は、おっつんよ。時代はあなたに委ねてるわよ。12年で1回必ずラッキーがまわってくるらしいよ。アタシはヌルンCHIHARU担当。
おっつんは確実に、日本に同性パートナー絡みの法整備を産みだすキーパーソンでしょうね。(もちろんずっとがんばってる赤杉ノブちゃんとかもだけど)

そんなおっつんが提案して、全国で開催されたこのリレーシンポジウムの最終回。ほかのパネラーも、ぷれぃす生島さんやおかべさんなど、自分にとってはおなじみだけど、ぶっちゃけすげー信頼してる面々。期待以上にためになる話ばかりでした。自分自身が聞いて感動したり興奮できる話も多かったけれど、何より、それを聞いた人達から次の波につながるような流れができていたのが、こういうイベントをやる意義ドンピシャなかんじで、本当に良いイベントでした。関係者の皆さんお疲れ様です。

もう一つステキだなーと思ったのが、会場大入り満員なお客の中に、意外なほど若い子がいたこと。しかもB系とかだったりしてかわいいのよー。もうね、本気で会場ナンパしたかったんですが、シンポジウムが汚れそうなので辛抱しました。ああ悔やまれる。隣に座ってた大学生も、話して分かったんですが、バディ最新号のグラビアやってた子で(つまりキレイ)、しかもシンポジウムの内容をちゃんとメモってたりしてるの。小池栄子が「巨乳はバカじゃない!」と繰り返し力説してきた通り、キレイでもマジメで立派な子はいるのねー。まあ、アタシがその走りなんだけどさー(うそ)。


さらにその後は、aktaに移動して『ACADEMIA at akta メンタルヘルスと性行動の関係 ~気分がさがってることとリスキーなセックスの関係って?~ 講師:日高庸晴先生(京都大学)』を聞いてきました。正式タイトル、土ワイ並に長いわー。

日高さんは、以前にバディでブルが『心の不安』特集をやった時にがっぷり組ませていただいた方なのですが(おっさんくさいが年下)、本当に、初めて会って京大の部屋で話し込んだ時に、「同じことを考えてた人がいた!」と大感動した人なんです。

今回は、大規模アンケート『REACH Online』の結果初披露ということもあって、最新のデータを見ながらいろんな問題を語る良い機会になりました。とりあえずアンケートで「いつ死んでもいいと思ってる」と答えるオカマがものすごい多かったのが象徴的だったかなー。刹那主義よ。立花理佐だらけよ。だから妖精伝説よ!(ブラックジョーク)


日曜昼間からマジメなテーマの講演をハシゴするなんて、ブルらしくない一日でしたが、この2本は本当にオカマの未来を考える鍵となるテーマだと思ってます。やっぱりバンソウコウより原因治療。輝く未来が欲しかったら立ち上がろう。アタシはヌルンCHIHARU担当。