lady.jpg『レディ・イン・ザ・ウォーター』、待望のシャマラン監督の新作です。

シャマランの映画は、心の通じ合った元カレ(だと思う)と一緒に見るというお約束があるのが、ちょっとステキなところ。今回も久しぶりに会って「やすき老けたね~」と言われつつ(「いやー」って照れ笑いでますますシワシワみたいな)、映画後半は一緒に泣きまくって、幸せな時間でした。


事前の風評がさんざんだったので、けっこう心配だったんですけど、自分にとってはなんと、もともと『シックス・センス』以降の作品全てが大好きなのにも関わらず、それを上回る最高傑作となりました。

風評が悪いのはよく分かります(調べたらミクシィのレビューも平均3点切ってた)。監督は「一般ウケ」をほぼ捨ててるんですね。今作は監督がやりたいこと、伝えたい想いが全開でしたから。
『シックス・センス』が一般にウケたのは、ホラーブームの先駆け+ドンデン返しというところだったと思うんですが、本当に素晴らしいのは、映画後半での「幽霊は住む世界が違うだけ。怖いものじゃない」という視点の変換部分。インド系監督のシャマランの作品は、常にマイノリティ意識と、それを超えて人がつながる、理解し合える希望に満ちているのです。自分だってホラーもどんでん返しも好きだけど、一番好きでたまらないのは、その部分。自分にしたら、むしろありがとう、よく好き放題やってくれたという気持ちでいっぱいです。

もう、冒頭から涙腺が緩み、後半は泣きっぱなしでした。アパートを舞台にしたおとぎ話なんですが、いろんな人種の住人がいるこのアパートは、世界全体でもあり、一人の人間の内面でもあります(個人的にはオンマー!と叫ぶ韓国ギャルがアゲ)。
言葉にしてしまうとあまりに照れくさいような、当たり前だけど大事な願いというやつが、シャマラン監督ならではの不思議なテイとすかし具合の中で語られていって、最後には確かな希望や可能性というものを感じさせてくれました。


ところで、パンフレットを買って読んでいたら、映画評論家が、ひたすら映画としてのテクニックがどうこうみたいな知識自慢っぽいつまらん評の末に、シャマラン監督自身の出演が今作では多かったことを「出しゃばり」と批判していました。この人、この映画の何一つ読み取れてませんわ。というか、同じパンフレットの中で、監督が自身の出演の理由については先に語ってるだけに赤っ恥もいいところ。
この映画の「現実は『ストーリー』によっておとぎ話になり、奇跡すら起こせるのだ」という最大のメッセージは、現実に「伝える作業」を生業にしている監督自身が、たとえナルシシズム込みでもあの役を演じるからこそ、説得力を持つというのに。この評論家さん、自分が映画の中でネタにされて食われちゃった人物と全く同じことを繰り返してるって気づけないんでしょうね。カワイソウ。でも頑張ってね!(フォロー)

まあ、監督は映画の中でもちゃんと皮肉っているように、世の中の多くの人は、すんなりと受け入れてくれないことも重々承知で、「妙」な映画を作り続けているんだと思います。売れ線のソレっぽさをメインにすれば、言っちゃなんだが「読み取らない人々」にも「怖かったよねー!」「ビックリしたよねー!」と絶賛されるし、そうすりゃより儲かるんだろうけど、一度そういう栄光をモノにしておきながら、以降はどんどん自分の作家性とメッセージをむき出しにしているシャマラン監督は本当にかっこいい。もちろんその作家性とメッセージ自体が素晴らしいからこそですけど。


オカマが子供の心のまま、傷を抱えて体だけ大人になってしまった存在なのだとしたら、オカマにこそ見てほしい作品。おとぎ話を信じて、共同体で手を取り合う夢に賭けてみてください。