日記

映画と漫画で育ててます(また長文)

元彼ノブが『嫌われ松子の一生』を観に行くというので、喜んで付き合いました。三度目の松子。すっかりトリコです。中谷姐さんの中指炎のコマ~のトリコです(違う)。

観終わってメシを食いながらいろいろ話してたんですが、ノブが「松子が自分に似てて楽しかった。引きこもったり立ち直ったり、あんな風に生きるのがいいね!」みたいなことをケロッと言ったので、ああやっぱり3年半付き合えたヤツだなあと思いました。このふてぶてしく根拠のない強さはちょっと見習いたい。(ちょっとでいい)

自分なんかは、作品の設定・演出として結果的に松子が伝えてるメッセージのポジティブさに大感激はしてるものの、実際にはああはとても生きられない。やーよ、顔殴られたりムショ暮らしするのなんてぇ。(でも全然ありえそうで怖い)


ところで映画批評サイトとかでもいろんなレビューを読んだりしているのだけれど、松子という作品は、そのキャンプ演出といい、意地悪なほどの振り幅で見せるポジティブ哲学といい、自分のセンスと人生観にドンピシャンなため(こういうものすごい作品を自分で作る才能が無いのがくやしくもあるけど)、この映画に対する他人の反応って注目度大だなと思いました。

つまりセンスと哲学が似ている(相当おこがましいわぁ…)以上、自分の本気バージョンのメッセージを正しく受け取ってもらえるかに、かなり重なりそうなんです。
過去に何度か経験している「オタゲイって、個性的な女の人を侮辱して酷い!」とか「ブス記事には本当に傷つきました!」みたいな反応って、まさしく自分の中ではむしろ普通の記事以上に愛を込めて送ったエールなのに「なんで?」と思うんですが、このすれ違いはまさしく、松子の受け止め方にも通じるものなんだなぁと。
まあ、より多くの人に嫌われないように優しい物言いに調節することも仕事によっては必要かもしれませんが、やはり表現哲学を貫くことのほうが自分にとっては重要なので、今後もそのへんはなるたけブレずに生きたいなと思った次第です。
「人を怒らせるのが好き」と言い切るマドンナみたいな強さが欲しい。ついでにあの旦那も財産も欲しい。


とまあ、松子どっぷり週間を送ってるわけですが、他の表現にも触れなければと、深夜にマン喫で、『キーチ!!』を最新刊までまとめ読み。大好きなコミック『ザ・ワールド・イズ・マイン』の新井英樹氏の現行作品。
この人の表現は同じく大好きな楳図かずお大先生とは違って、全っ然オネエセンスではないです。むしろすっげーノンケ男臭い。でも、恐ろしくソウルフルであり革命精神に溢れている人なので、俺様の熱い男の子な面(あったのかよ!)にギュンギュン来るんですよ。世の中の善悪を問い、ネット社会に挑戦的なメッセージを投げかけているという意味では、大人気の『デス・ノート』なんて足元にも及ばないくらい、新井作品は凄まじい高みに達してます。
『キーチ!!』も、序盤はどうなんだろうと思っていたんですが、どんどん『ザ・ワールド~』と同じスケールに話が動いていって、相変わらず胸躍る熱さでした。

やー、世の中には、素晴らしい魂を持って、それをものすごく高水準の表現テクで人に伝えようとしている人がいっぱいいる。本当に惚れ惚れします。


実はこないだの土曜明け方、歌舞伎町のイベントの楽屋で、エスムラルダとなぜか「最近の情報溢れる社会ってさ」なんて半分溶けたメイク(ほぼ趣味女のオッサン)のままで話し込んでたんですが、ホントここ数十年で人間の脳に送り込まれる情報量はエライことになってますよね。
多分、ちょっと昔の農村に住んでた人間なんて、日々のニュースは「戦慄! 村の田吾作、肥溜めにハマる!」とかその程度のことだったわけでしょー。
もう今の、ネットで世界じゅうの個人のつぶやきさえつながってる状態なんて異常事態もいいところ。脳というハードウェアはそう簡単に進化できないのだから、ほぼ確実にデータ量はオーバーフローぎみなのでは。そら、うつにもなるわ。心ない子供も育つわ。

やはり大好きなコミック『魔女』(五十嵐大介)の中のセリフに
「あなたはまだ本を読んではダメ。経験が少ないから。
経験と言葉は同じくらいの量がないと、心のバランスがとれないの」
というようなのがありました。(けっこううろ覚え)

今は玉石混合、それも多分石のほうが圧倒的に多いデータの洪水の中で生きる時代。
いかに不必要なデータをスルーして、たまにある優れた表現をキャッチできるかがキモなんでしょうね。
その上で、生きた人間とやり合ったりの、体で直に感じる経験も積極的に積んでいかないと…。まあそのへんはけっこう得意よ!(絶対、偏った方面)

ヘンに肥料をやり過ぎちゃダメ、たまには陽に当てないとダメ、つうことで、心に大きな花を咲かせてあげたいものですね。アナルローズばっかり咲かせてちゃダメだゾ!(そんなにいねーよ)

自由な一週間

先週の月曜日に、ノブと別れてフリーになった俺。
実は、日記ではあまり使わないように心がけてきたのですが、3年4ヶ月の間に変化した決定的な事柄の一つに、プライベートでの一人称が「俺」になったということがありました。ガーン。
ネタじゃないのよホントなの。一人称FTM。
もちろん、使い分けとしてのアタシとか、おらぁ(泥まんじゅう食う風)とかオイラ(ガッチビ風)とかも引き続き使用中ですがね(一部ウソ)。


まあ、とにかく。
月曜日は、久々のフリーライフが始まった日。
僕らがまた新しい幸せを探し出す一番最初の日。

火曜日は、バディ大好評連載中の『エスムラルダの部屋』対談収録で、エスムラルダ、そして『アタックナンバーハーフ』配給会社のオカマ女・ゆみと三人で会い、仕事後にそのままレズ友がやってるバーで
「アタシたち三人ともフリーだね。イエーイ!」と飲む。
なんか巻き込まれるかんじで幸先悪いわー(ひどい)。
とか言いつつ、エスムの薄らこっ恥ずかしい近況報告を聞いたりもしましたがウフフ。

水曜日は、来月号のバディで紹介する映画『嫌われ松子の一生』の試写に。
詳しくは記事を見てちょうだいなかんじだけど、もうね、本当に素晴らしかった。最高にセンスの良いエンタテイメントで、かつ最高に愛にあふれた作品でした。
公開したらまた絶対観に行きます。
ぶっちゃけ、俺様はブロークバックよりさらに大量に泣いたし、感情移入しました。
そして松子はマツコでした。
オカマ必見太鼓判!

木曜日は、オカマとして押さえておこうと『プロデューサーズ』を観る。今一番ホットというか暑苦しい俳優、ウィル・フェレルのドイツネタは全然ピンとこなかったけど、やっぱりオネエネタ周辺はホッとしますね。楽しい映画でした。

金曜日は、編集部反省会(毎月いろいろ反省してんのよ)を終え、取材絡みでエースのピンハにちょっとお邪魔して、その後じっく&リオと、オカマとOLに人気の焼き鳥屋『はなまる』で飲みました。「ブルたんが次に付き合うべきオトコ」について、二人からいろいろな呪い、じゃなかったアドバイスをもらったり。

土曜日は、セックス。キター。相手は年下の強面ヒゲボウズの巨根くん。ガーン。リバ同士なので掘ったり掘られたり(毎度迷惑情報)。かけたことはさんざんあっても、まともにかけられたことは一度もなかったのに、初めて胸元あたりからオシッコを浴びちゃいました。そしたら匂いにやられて「う…(最初は一応あえぎ声風)うう……オオエッ!! うボォエーッ!!」と思い切り目の前でオエップ連発。失礼なことしちゃったテヘッ。ゲロ吐きプレイにならなくて良かったです。

日曜日は、優雅に御苑沿いのカフェで。特大ジョッキ野菜ジュース1050円を優雅にがぶがぶ飲んだ後、取材でアドボの『ANSWER』にお邪魔。いろんなおもしろい人がいて、取材しつつ興味津々でパフォーマンスを拝見しました。


(まだ見ぬ)恋人よこれが私の一週間の仕事です。
テュラテュラテュラテュラテュラテュララー
どんなフリーアピールよ…。

gyoen.jpg

御苑の桜のじゅうたんの上で。テュラテュララー(しつこい)

あなたに溶けてしまいたい

締め切り時期の恒例ですが、ここんとこ毎日夜編集部に来て朝帰ってます。
水商売バイトを辞めたところで生活サイクルは水々しいまま。
「水は水に還るのよ」とは、どこかのママの名言ですね。

水といえば、チャン・ツィー演じるSAYURIさんも「瞳に水をたたえた娘」呼ばわりされていましたが、ブルも水のエレメント、蠍座宮に太陽を持つオカマです。
水は感情タイプ。愛情や情念の揺らぎの中で流れるように生きるのだとか。

自分の場合、さらに蠍座宮に、愛の金星、知性の水星までが集中していて、相当にサソリサソリした人間のようです。実はゆうべ編集部でマドモアゼルマリーの前任者の占いバアさんがホロスコープを見てくれたんですよ。


蠍座宮が象徴するものといえば…
完全な一体化願望。死。秘密主義。性器。支配星は冥王星。
ってどんなドロドロの星座やねん。


そう言えば、その昔、カルピスが水の中にゆるゆると溶けていくCM中に、短期間かかっていた斉藤由貴のアルバム曲『終りの気配』が大好きでした。

あなたに溶けてしまいたい 少年の瞳の海
誰にもわたし見せないで 今日の終わり 知らせないで



彼女は尾崎豊を、恋人ではないと、「そう…」と30秒くらい溜めて「同志」と言いました。
もちろんすかさず「同志かよ!」とツッコむポイントでもあるのですが、なにしろ詩人先生の言うセリフですから、考えるとけっこう深い。

パートナーというのは、凸と凹の組み合わせの場合、お互いの不足分を補い合い結束することで一塊のようになりますが、それはピッタリくっついているだけで、実はお互いの領域自体は侵していない。
これが全く同じカタチ同士だった場合は、組み合わさるのではなく、溶け合い重なることで真の一体化ができると言えます。でもそんなこと、人類補完計画が発動されないとムリですよね。溶け合う心がアタシを壊しますよね。


冥王星の公転周期は249年。有限の現実世界では決してかなえられないと分かっていながら、それでも抱きしめ合うたびに、このまま水のようになって溶け込んでしまいたいと内心願うのです。
って、願いがかなったら、さぞや相手は気持ち悪いだろうな…。


まあ、そんなスピリチュアルな旅はいいから、とっとと仕事しろってことですよね。
春のせいかしら。誰かロマンティック止めて。←歌ネタしつこい。

バイリンギャル道場

取材でゲイの英会話サークル/教室に行ってきました。
実際の取材内容は、ゲイハンター風のマンガでバディ4月号に掲載するので、そちらを買っていただくとして(草の根アピール)、とりあえず個人的な感想を。

なんかブルたん、20代中盤の頃に40日間世界一周とかしちゃって、行く先々で肉体国際交流して三色ダンゴをこさえたくせに、そんな世界じゅうの男達と二人きりで一体何を話していたのか全く記憶にないんです。多分「ファックミー!」と「オウァー!(英語じゃない)」の繰り返し、エクソシストライクな会話だったんでしょうね。

一応、今でも洋ピンのしょーもないストーリー導入部分をはじめ、英語のヒアリングの機会は多いので、聞くのはそこそこいけそうな気もしないでもないかもしれないようなかんじなんですが(煙にまいた風)、とにかくしゃべれないの。自分が表現できないの。私はここにいまーす!
今日も、他の生徒さんに混ざって体験して、一緒にトークしてたんだけど、ほんとドキドキしました。体が火照っちゃった…。もう、言いたい単語とか文法とかが頭の中で渦巻いて戸惑っちゃうんです。とりあえずオマンコ!とか叫んでぶち壊したくなった。

普段、編集会議などでも図々しくしゃしゃりでるうつみ宮土理のような俺様ですが、逆に、だからこそツールである言語が自在に使えないことに対しての精神的ダメージが大きいんだろうなと思うんです。
この…このワレガワレガオカマが…表現したがり見せたがりコンビニ露出(してない)の変態が…、「自分がニューイヤーに何をしていたか」程度のことをスラスラと語れない、そんなことがあってたまるものか、と思ってしまうんです。

文章だのマンガだのトークだの女装だの、いろんなツールで表現していたつもりが、結局すげー「日本語」だけに頼り切っていることを思い知ったかんじです(女装も言葉ネタばっかりだし)。ちきしょう。複数言語を操れるオシャレさんが世の中にはゴマンといるというのに…。バイリンギャルが憎い! 山口美江が憎い! 中華街の店はうまくいってるのか気になる!

というわけでけっこう本気で、個人的にその英会話教室に通おうかなと思いました。

さくら…悪いけどあなたには人生なんてないのよ

senrei.jpg


帯状疱疹になり、顔左半分がどんどんエグいことになっています。
でも目の横中心に腫れている関係で、ちょっと試合後のボクサー風?
野郎クセー! つうかお岩クセー!

ノブ(オトコ)にも「寄らないで、妖怪!!」と言われました。
ブタに3年貢いだあげく、この仕打ちよ…。
そのせいだか知らんが、夢の中で根岸季衣に会いました。

「季衣さん、『妖怪大戦争』観ましたよー。砂かけババア良かった~」
「あー、でもあれアタシ、全然顔まともに映ってないわよねー」(季衣、苦笑)
「いやー、でも砂かけババアは鬼太郎じゃ超メイン妖怪じゃないですかー」
「まあねー」
「あ、それに今週の『女王の教室』にも出演されますよねー! 超楽しみ~」

と、なぜか夢の中でまで、季衣レベルの女優に媚びまくるブルたん…。卑しい。

つうか、頭痛のせいで浅い眠り(『親愛なる者へ』主題歌)を繰り返しているので、やたらと夢を見るんです。

ほんと、醜さといい痛みといい、しんどい…。

痛いとむやみに悪態つきたくなりますよね。よね。
家でも、つい同居人おまこに
「クソババア! 早くメシ作れよ! 薬飲ませないで俺を殺すつもりか!」
と、羅刹の姑みたいに叫んでしまいます。

許したまえ…許したまえ…(洗礼オチ)。
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ