ゲイイベント

輝く未来が欲しかったら立ち上がろう

日曜は、『Rainbow Talk 2006 同性パートナーの法的保障を考える全国リレーシンポジウム 東京シンポジウム(第2回)同性パートナーとライフスタイル~医療・福祉・教育の現場から~』に行ってきました。正式タイトル、土ワイ並に長いわー。

実は、バディ最新号から始まった連載『尾辻かな子の虹色通信』は、ブルたんが担当させていただいてるのですが、それは個人的にもおっつんこと尾辻かな子さんの大ファンだからなんです(好き嫌いが仕事にむき出しなオカマ)。
立派なレズビアン&ゲイ・アクティビストは数多いけれど、こんなにも「モノを伝えるパワー」にあふれた人の出現は、衝撃的でした。伝えようとしている魂ももちろん素晴らしいんだけれど、その伝え方の美しさと的確さに、講演聞くたびにワクワクしてます。

やっぱ政治家って大事。その昔は、東郷健さんみたいな、爆弾持って突入~みたいな人でないとムリだったんだろうけど、今の時代は、おっつんよ。時代はあなたに委ねてるわよ。12年で1回必ずラッキーがまわってくるらしいよ。アタシはヌルンCHIHARU担当。
おっつんは確実に、日本に同性パートナー絡みの法整備を産みだすキーパーソンでしょうね。(もちろんずっとがんばってる赤杉ノブちゃんとかもだけど)

そんなおっつんが提案して、全国で開催されたこのリレーシンポジウムの最終回。ほかのパネラーも、ぷれぃす生島さんやおかべさんなど、自分にとってはおなじみだけど、ぶっちゃけすげー信頼してる面々。期待以上にためになる話ばかりでした。自分自身が聞いて感動したり興奮できる話も多かったけれど、何より、それを聞いた人達から次の波につながるような流れができていたのが、こういうイベントをやる意義ドンピシャなかんじで、本当に良いイベントでした。関係者の皆さんお疲れ様です。

もう一つステキだなーと思ったのが、会場大入り満員なお客の中に、意外なほど若い子がいたこと。しかもB系とかだったりしてかわいいのよー。もうね、本気で会場ナンパしたかったんですが、シンポジウムが汚れそうなので辛抱しました。ああ悔やまれる。隣に座ってた大学生も、話して分かったんですが、バディ最新号のグラビアやってた子で(つまりキレイ)、しかもシンポジウムの内容をちゃんとメモってたりしてるの。小池栄子が「巨乳はバカじゃない!」と繰り返し力説してきた通り、キレイでもマジメで立派な子はいるのねー。まあ、アタシがその走りなんだけどさー(うそ)。


さらにその後は、aktaに移動して『ACADEMIA at akta メンタルヘルスと性行動の関係 ~気分がさがってることとリスキーなセックスの関係って?~ 講師:日高庸晴先生(京都大学)』を聞いてきました。正式タイトル、土ワイ並に長いわー。

日高さんは、以前にバディでブルが『心の不安』特集をやった時にがっぷり組ませていただいた方なのですが(おっさんくさいが年下)、本当に、初めて会って京大の部屋で話し込んだ時に、「同じことを考えてた人がいた!」と大感動した人なんです。

今回は、大規模アンケート『REACH Online』の結果初披露ということもあって、最新のデータを見ながらいろんな問題を語る良い機会になりました。とりあえずアンケートで「いつ死んでもいいと思ってる」と答えるオカマがものすごい多かったのが象徴的だったかなー。刹那主義よ。立花理佐だらけよ。だから妖精伝説よ!(ブラックジョーク)


日曜昼間からマジメなテーマの講演をハシゴするなんて、ブルらしくない一日でしたが、この2本は本当にオカマの未来を考える鍵となるテーマだと思ってます。やっぱりバンソウコウより原因治療。輝く未来が欲しかったら立ち上がろう。アタシはヌルンCHIHARU担当。

2/12 大阪マニア集会やるぜ!

2006年2月12日(日)16:00~
ゲイというライフスタイルから社会を考える
講師:斎藤靖紀氏 (月刊『バディ』ライター&エディター)

入場無料
会場:ドーンセンター(大阪府立女性総合センター)

詳細HP
http://www5e.biglobe.ne.jp/~gfront/activity/next_event.html



講師なんて初体験。そもそも世間の講義とかほとんど聞きに行ってないので基本の流れとかすら知りません。
でも、うれしい! 堂々と人様に上から目線でものを言える(普段通り)!

ちなみにまだ全く台本も資料もできてないステキ状態です。だって今バディ本誌入稿中だもん。一人で編集部だもん。怖いから、仕方なく鼻フックaikoを大音量でかけてるもん。絶えずゥ絶えずゥ絶えずゥ~。

こんなんですけど、当日は頑張って、基本マジメに、ゲイというライフスタイルから社会を考えてみます(そのまんま)。 はなから期待されてないと思うので安心だけど、学術的知識とかを解説するようなことはほとんど無いですから、そういう勉強好きっ子には満足できないゾ。むしろアナタのほうがよく知ってると思うから…。生々しく感情的にゲイについて語ってみます。それが俺の講義スタイルじゃ!(開き直り)

とりあえず、チャリエンのル~シ~・リュ~の講義シーン+『女王の教室』のテイで。って女装じゃねえっつの。
大阪周辺の方はぜひともいらしてくださいね。 火炎ビンは持ち込み不可です。

img20060203.jpg
※写真はイメージです。

三田、ゼタ、踊った!

(ちょっと井脇ノブ子ライクなタイトル)

昨日は毎年恒例のぷれいす東京主催『VOICE』でした。
四谷区民ホールでのHIV啓発イベントというパブリックかつクリーンな場に、マニアックでダーティな女装数名が紛れ込むなんて、本当に大丈夫かしら…なんて気にしつつ、気にしててアレかよと言われそうな下品なショウをしつこくやらせていただいてます。

今年もオープニングの超美麗『オペラ座の怪人』by NONOCHICの後で、ブルの三田佳子(やや新作)&ゲブ美の宜保愛子という、善良な四谷区民には見せられない二本立てをやって、まさしくシャンデリアどっかんなかんじで「このイベントで見せられるパフォーマンスのキワとキワ」をいきなり思い知らせる構成…。

ほんと、おまこばあさんがくわわっていたディベルディメント豪華版とか、笑えて泣けるオナンちゃんポエトリー、歌う藤本くん、ピアノ漫談べーすけとか、同じイベントの中であそこまでいろんなタイプのパフォーマンスが展開されるものってそうそうないと思います。ここ数年「イスに座って見られるショウがいい」と切実に思う加齢なブルたんとしては、出演しててゆっくり見られないのがくやしいくらい。

そして今回はNONOCHIC様がCHICAGOを一緒にやろうと誘ってくれたおかげで、あの大舞台を生かしたショーを(UC女装的には)初めて見せることができました。ニクちゃん、マルガ&ゲブ美のパートのカッコよさはほんと圧巻。アレはどこに出しても恥ずかしくない、ものすごいダンスショーじゃないでしょうか。
その後、ブルとエスムがなぜか二人だけでよたよた踊るんですが、本人達的にはストーリーとしての「味」だと思ってます。曲的にも流れ的にも、あそこで「がんばってるおばあちゃん」みたいなのが出てくるってのに意味があるはず…。そう思わないとムリ。
でも最後は念願の「男性ダンサーに持ち上げてもらう女装」になれて本当に幸せでした。
あんなショウができたのはNONOCHIC様や練習がんばった女装さん(NONOCHICメンバーあきちゃんにこう呼ばれる)のおかげですけど、ホント、自分らのひとつの到達点だったんだろうなーと思います。あースッキリした。緊張と興奮の末に終わって解放されるあの快感ってまさしくセックスみたいなもんですね。


ちなみにパフォーマーとしては、メッセージ担当ではなく客寄せ笑わせ担当に徹している(というかソレしかできない)つもりですが、他のパフォーマーが出すメッセージは本当にステキでしたよ。とくにオナンちゃんの、お客さんをちゃんと笑わせつつ、自らの美意識や世界観もしっかり知らしめ、そして胸にギュンとくるメッセージも伝える、という姿勢にはまいりました。やっぱりオナンはスゴイ…。


一応、舞台の上では役割をわきまえて(ここんとこアピール)ネタだけに走ったのですが、今回の『OUR FUTURE』というテーマに関しては、「思い込み」が肝心だと思ってます。

これ、気味の悪い話なんですけど、出演直前の楽屋の鏡の前で、ブルボンヌさんけっこう本気で「三田佳子に似てるな~」「ゼタっぽいな~」って思ってます。エスムがあのヘンな格好で安室にソックリだって言い張る気持ちも実はよく分かります。なんかね、本当にそんな気がしてくんの。
このようにあからさまなペテンでも、思い込むと、けっこう自分ってだませちゃうということです。オカマ人生における幸せとか楽しさとかも、思い込めばけっこうイケる。物事のイヤな面をほじくる思考パターンだとどんどん暗黒スパイラルに落ちるように、良いほうに思い込むことこそが未来につながると思ってます。皆さん、毎朝「今日のあたしは輝いてる」ってつぶやいてください。


(打ち上げで酔った勢いで、その後、朝まで二丁目とかで飲んでたのですが、夜の歓楽街でスーツケースを引きずって移動するのって女装の証ですね。ちょっと切なかった…。)

松山女装紀行

昨年に続いて、松山のゲイナイト「HIDE'N'SEEK」に出演させていただきました。女装はゲブ美・エスム・ブルボンヌ・サセコ…と本当に偏っていて、唯一マルガリータがかろうじてキレイメイク+ダンス系で救いの神のようでした。マルガいなかったら、「ゲイナイトのドラァグ」「from東京」、どっちの面でも松山の子達が間違ったゲイカルチャーを覚えてしまいそうで、かわいそうです。

かわいいゴーゴーちゃん達も、スタッフの皆さまもほんとステキな方達ばかりでした。お客さんもやたらウケてくれるし。松山って敬老の精神が根付いてる街ですね…。うれしかったので朝6時まで、いい年こいてお立ち台で踊り狂っちゃいましたよ。エアロビスタジオとかで妙に元気に踊るスジスジのバアさんみたいな人がいるなー、と思ってよく見たら、鏡に映ったアタシでした。ギャッ


翌日昼間は、スタッフに連れられ、ゴーゴーと女装の乱交小旅行。鹿が住む小島『鹿島』(…とも子は広告塔)に舟で渡って、お散歩。波打ち際でいやらしいビデオをいっぱい撮りました。砂浜に「SA・SE・KO」って書いたのに波がさらっちゃうシーンや、「つかまえられたらアタシをあげる!アハハ」なんて叫びながらサセコに追われるブルたんとか…。って全然ゴーゴーと絡めてない。女装レズ映像ばっかりでした。
でも、昨年の、JUNICHIがビキニ一枚で泳ぎだしちゃいました映像(JAPANのビデオかと思った)まではいきませんでしたが、ゴーゴーAKIちゃんを「脱いで~上脱いで~(競パンカフェのかけ声担当再び)」と追い込み、とりあえずトップレスでの撮影に持ち込めたので満足。その状態で、エスムばあさんと並んで撮ってもらったら、なんだかすごく金銭の匂いがする写真になりました。
夜は、ゲイの人たちがやってる地元の居酒屋さん(うまかった!)とオーガナイザ・京ちゃんのバー「SEEK」に行って打ち上げお疲れ飲み会。プハー。いろんな人と知り合えて楽しかったです。松山スタッフ&お客さんの皆様、広島スタッフ組の皆様、キャストの皆様本当にお疲れ様でしたー。


それにしても、先週の札幌に続いて、飛行機から何から常に、ブルはエスムとゲブ美と行動してたんですが、これは明らかに、吉行和子(ブル 無責任)、岸田今日子(エスム 怖い)、冨士眞奈美(ゲブ 肉感的)の熟女旅行と全く同じ構図だと思います。

札幌競パン生着替えショー

札幌レインボーマーチ出張行ってきました。

到着した日にあったシンポジウム『レインボウ・トーク』では、憧れの、なにわレズビアン府議(って言い方どうよ)尾辻かな子さんと初対面して、自己紹介したら、「いつもオタゲイ読んでますよ。ゲイハンターも持ってます」と言われて感激。こんなに立派な政治家さんはいないと思います!(どんな評価基準よ) そっこー著書の『カミングアウト』(講談社)を購入して、サインもらいました。たくさんの文字が読めないブルたんが、『バトルロワイアル』以来、ついに本を読む覚悟をしたのです!(自慢するな)

前夜祭では、初めて観たエスムの生首ショウでちびりそうになりました。もはやゲイナイトより花園神社でやるべき内容ですが、見事な芸だと思います。

パレード当日は、午前中からプリンセスめい子のメイク。パレードが始まったらいつものようにバディDVD用のビデオ撮影で前後に走りまくり、終わったらマツコと一緒にプライド集会司会と、もう自分の多才さが嫌になりました(傲慢子)。
でも司会では微妙に盛り上がりきれなかったのが悔やまれます。失言が怖くて…。でも「オマンコ」はビアンのおねえちゃんが連呼してくれました。ほっ(なぜ安堵)。あと、オープニングの、札幌市長と尾辻さんのトークは素晴らしかったですよ。
先日の衆院選のヤバイ結果に反応してた人も多かったし、いよいよオカマが政治を考える時代の幕開けですねー。 とりあえずエスム様出馬はまじプロジェクトってことで。

そして夜は、昨年、「生着替えショー」をむりやりさせてみたHEARTY@CAFEの「競パンカフェ」に、今年も嫌がらせに行ってみました。年長プロホモ数名がどうしても見たいというので、接待でな…。
そしたら、柔道部坊主ちゃんがお客なのにノリで競パン一枚になってウロウロしてたり、新顔のかわいいB系の二十歳の子がいて「競パン入らないんですよー」とトランクスたくし上げてぶっとい太ももを見せてくれたりと、もう大当たりよ。じゅん…。
今年は生着替えショーもしっかり店側が演出してくれて、ブルたんは発案者ということで競パンファスナー開け閉め役をさせてもらいました。ほとんどマナ板ショーでハッスルするおっさんのようよ。ああ下品。やっぱり札幌はいい街ですなガハハ!
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ